日本熱帯果樹マーケット(Japan Tropical Fruit Market)

    日本熱帯果樹マーケット(JTFM)では、熱帯果樹を買いたい人・売りたい人のためのマーケットプレイスを運営しています。

  • マンゴー
  • (ウルシ科/マンゴー属 熱帯果樹の王様)

    blog_mango_1_fb

    学名 Mangifera indica Linn.

    別名 -

    ウルシ科(Anacardiaceae)、マンゴー属(Mangifera)。インド、ミャンマー原産の樹高20mになる常緑高木。

    果実は子房が肥大したもので、大きさや色は品種により異なる。中果皮が発達して果肉を形成する。果皮はやや厚く革質である。栽培は24~30℃の高温地域が適しているが、花芽分化は15℃以下で促進される。

    開花から結実成熟期まで、高温と多日照で多収量となるが、収穫期に近づいたときに遮光することで、早期落下を防ぎ糖度を高く保つ。

  • アボカド
  • (クスノキ科/ワニナシ属 ギネスも認めた栄養価)

  • パパイア
  • (パパイア科/パパイア属 肉を柔らかくする強力な酵素の持ち主)

  • アテモヤ
  • (バンレイシ科/バンレイシ属 チェリモヤとバンレイシのハイブリッド果)

    blog_atemoya_1_fb

    学名 Annona squamosal L. x A. cherimola Mill.

    別名 パイナップルシャカトウ

    バンレイシ科(Annonaceae)、バンレイシ属(Annona)であり、チェリモヤとバンレイシの交配種。現在では品種はさまざまある。

    半落葉性。花は前年に伸びた枝の基部につき、果実は球形か心臓形。重さは400~700g程度だが、2kg以上の果実をつける品種もある。結果に適した開花期の気温は25~28℃。

    排水の良い土壌を好む。糖度は20~25度になる。

  • チェリモヤ
  • (バンレイシ科/バンレイシ属 世界三大美果の一つ。花は夜咲く)

  • ゴレンシ(スターフルーツ)
  • (カタバミ科/ゴレンシ属 ユニークな形、味と香りは癒し系)

  • アセロラ
  • (キントラノオ科/ヒラギトラノオ属 ビタミンCの宝庫)

    blog_acerola_1

    学名 Malpighia emarginata Sesse & Moc. ex DC.

    別名 バルバドスチェリー

    キントラノオ科(Malpighiaceae)、ヒイラギトラノオ属(Malpighia)。中央アメリカ、西インド諸島原産の樹高3mほどの常緑低木。

    果実の中でも非常に多くのビタミンCを含む。果実は子房が肥大した核果で、果形は球形である。果皮の表面に縦に浅い溝があるのが特徴。生育適温は25~30℃で、最低温度は10℃以上が必要。5℃以下では生育が停止する。

    陽当たりと排水がよく、肥沃な土地でよく生育する。

  • レイシ(ライチ)
  • (ムクロジ科/レイシ属 楊貴妃も愛した世界でもっとも高価な果実)

  • リュウガン(ロンガン)
  • (ムクロジ科/リュウガン属 甘くとろける果肉が疲労回復に役立つ)

  • ピタンガ
  • (フトモモ科・フトモモ属 ブラジルのサクランボ)

  • ピタヤ(ドラゴンフルーツ)
  • (サボテン科/ヒロケレウス属 便秘解消の特効薬にもなる)

    dragon_1_fb

    学名 Hylocereus undatus (Haw.) Britte. et Rose

    別名 ピタヤ、ドラゴンフルーツ、白蓮閣(びゃくれんかく)

    サボテン科(Cactaceae)、ハシラサボテン亜科(Cactioideae)、ヒロケレウス科(Hylocereus)の、メキシコ原産の登攀(とうはん)性のサボテン。

    気根を出して、長さ10m以上に伸びる。果実は楕円形で、熟すと果皮が赤紫から鮮紅色になる。

    日当たりが良く、排水良好な土壌を好む。

  • パラミツ(ジャックフルーツ)
  • (クワ科/パンノキ属 世界一大きな果実は非常に甘い)

  • スイショウガキ(ミルクフルーツ)
  • (アカテツ科/オーガストノキ属 ゼリー状の半透明果肉が美味)

  • パイナップル
  • (パイナップル科/アナナス属 世界三大美果の一つ。甘い新品種も続々登場)

    pineapple_1_fb

    学名 Ananas comosus Merr.

    別名 パインアップル、パイン、アナナス、マツリンゴ、ホウリ

    パイナップル科(Bromeliaceae)、アナナス属(Ananas)。南アメリカ原産の高さ1~1.2mの多年生草本。

    土中の根、塊茎、地上部の葉、果梗、その上に果実がある。果実の上に冠芽と呼ばれる葉芽がつく。花茎は株の中心部から出て、松かさ状の花序をつける。果実は集合果で、円筒または楕円形である。冬季低温期と夏季高温期の2回花芽分化する。

    酸性土壌で陽当たりが良い場所に適する。

  • ジャボチカバ
  • (フトモモ科/ミルキア属 熱帯のブドウとも)

    jaboticaba_2_fb

    学名 Myrciaria cauliflora (DC.) O. Berg

    別名 -

    ブラジル原産の、樹高8~10mの常緑中高木。フトモモ科(Myrtaceae)、ミルキア属(Myrciarea)である。

    実生から開花までには10年程度かかるといわれ、接ぎ木でも5~6年はかかる。

    果実が直接幹につく、「幹生果」である。

  • クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)
  • (トケイソウ科/トケイソウ属 花と果実の香りが魅惑的なツル性植物)

  • ホワイトサポテ
  • (ミカン科/シロサポテ属 子どもも喜ぶ畑のアイスクリーム)

  • ハママンゴスチン
  • (オトギリソウ科/フクギ属 小さくて甘酸っぱいマンゴスチン)

  • サポジラ
  • (アカテツ科/サポジラ属 干し柿のような甘い果実)

  • ドリアン
  • タンカン
  • ミラクルフルーツ
  • miracle_1_fb

    学名 Synsepalum dulcificum (Schum.& Thonn.) Daniell

    別名 ミラキュラスベリー

    西アフリカ原産の、樹高2~4mの常緑低木。

    果実に含まれる「ミラクリン」という物質の作用でレモンが甘く感じる。

    成長は遅く、種子をまいてから結実するまで7年程度かかる。

    ※ 引用文献: 熱帯果樹の栽培 完熟果をつくる・楽しむ28種 米本仁巳著(農文協)

Translate »