農業ITの広がり

ある調査会社によれば、2014年に60億円程度の農業ITの市場規模は、2020年には約600億円になると予測しています。そのかなりの部分をクラウド型の仕組みが占めています。

現在、大手IT企業による農業分野への進出が多くみられます。先駆者ともいえる企業は20000事業社に導入することを目標に掲げていました。大手は大規模農家に向けたインフラ・オリエンテッドな高額なシステムを導入することにより初期に投資したリターンを得るのでしょうか。一方、農業ITといってもその範囲は広いため、大手商社傘下の法人による事業展開や、地場のローカル企業、またベンチャーまで様々の企業体が参入しています。

今後のカギとなるのは、コンセプトが明確で、対象とする利用者がその価値を実感できるモデルであることと考えています。

Translate »